人に好かれる会話術

自然な会話ができない・表面的な会話しかできない・受け答えができない人の特徴!

芸人の話というと、フリがあってオチがあって、会話のキャッチボールもできていて面白い。

あの方たちは面白い話をしようと研究をしていますし努力もしているわけですが、私たち一般人は、あそこまで面白い話をする必要はないものです。

 

しかし、自然な会話ができない、表面的な会話しかできない、会話の中で受け答えができないとなると、コミュニケーションをとる上で少し問題あり。

今回は、自然な会話ができないなど、コミュニケーション上で支障が出てしまう人の特徴と、コミュニケーション上手になるために必要なことについて、見ていきましょう。

 

自然な会話ができない人の特徴

自然な会話ができない人というのは、会話のキャッチボールができていないもの。

誰でも会話が噛み合わないときというのはありますが、自然な会話ができない人は、その噛み合わない頻度が高くなってしまいます。

 

自然な会話ができない人は、自分自身のことが分かっていないという特徴があります。

自分自身のことが分かっていないと、自分の意見を言うことができないため、どうしても受け身の会話になってしまうのです。

 

もうひとつ、自然な会話ができない人の特徴は、人の話が聞けないということ。

会話は相手の話を聞いて、その話に対してこちらも話していくわけですから、人の話を聞けない人は、会話のキャッチボールができません。

 

自然な会話には、言葉のキャッチボールが必要不可欠。

自分勝手な人も、コミュニケーションを上手くとることはできないでしょう。

 

参考:友達の作り方!声のかけ方!話しかけ方!話題を作って話しかける勇気を!

 

表面的な会話しかできないの特徴

表面的な会話で当たり障りのないことしか言えない人は、自分に自信がないのです。

会話をして人に嫌われたくないという心理が働くから、表面的な会話しかできないということ。

 

当たり障りのないことを言っていれば、嫌われることはないかもしれませんが、本音で血の通った会話はできないでしょう。

人からの評価ばかり気にしていると、思考停止状態になってしまい、自分の意見が分からなくなってしまいますよ。

 

参考:【プロ直伝】仲良くなる話し方とは?会話では声で相手に伝わる話し方を!

 

会話で受け答えができない人の特徴

会話することに対して極度の苦手意識を持っていると、会話で相手の質問に対して受け答えができなくなります。

受け答えができないということは、会話のキャッチボールができないということ。

 

自分の意見がなかったり、自分に自信がなかったり、人の評価を気にしすぎたりという特徴があります。

会話に正解はないので、自分の考えや自分の思いをしっかりと言葉にできるようにした方が良いでしょう。

 

参考:友達と会話が弾む方法!楽しい会話のコツは話を引き出すのがうまいこと!

 

コミュニケーション上手になるには?

自分の意見を持つこと

コミュニケーション上手になるためには、物事に対する自分の意見をしっかりと持つことが必要不可欠。

そして、自分の意見を言葉にして相手に伝えるようにすることです。

 

私たちは、毎日新しい出来事に遭遇するので、その出来事に対して自分がどのように感じるか、感情を大切にします。

自分の意見を言葉にするためには、思いを紙に書き出すことをおすすめ。

 

毎日、日記をつけて、その日に感じたことを書き出してみると、会話をするときにも役立つでしょう。

 

相手に興味を持つこと

コミュニケーションをとるために会話は必要不可欠ですが、会話はキャッチボールです。

会話のキャッチボールをするためには、相手の話を聞いて返事をすること、相手に質問をしてその返事を聞くことが重要。

 

ひとりよがりの会話は、ただ言葉を口から出しているだけで、コミュニケーションになっていません。

会話のキャッチボールをするために、相手に興味を持つことができると楽しく会話ができます。

 

何を話すかよりどう話すか

同じことを言っているのに、Aさんの言うことは信用できるけれど、Bさんの言うことはなぜか信用できないということがありますよね。

会話をする上でも、話す内容よりも、話し方や態度が重要になるのです。

 

メラビアンの法則を知っていますか?

会話をしているときに「言葉」と「言い方」と「態度」のうちどれが最優先されるかというものです。

 

メラビアンの法則では、「言葉」は7%、「言い方」は38%、「態度」は55%の割合で印象を決めると言われています。

つまり、コミュニケーション上手になるには、何を話すかということよりもどう話すかということに重点をおいた方が良いということ。

 

ハキハキとした話し方、聞き取りやすい声、笑顔などの表情を良くすることでコミュニケーション能力が上がるでしょう。

参考:仲良くなるには話し方がうまいだけじゃダメ!楽しい話し方と声も意識しよう!

 

まとめ

今、自然な会話ができない人、表面的な会話しかできない人、会話で受け答えができない人でもコミュニケーション上手になることは可能。

コミュニケーション上手になるためには、会話で言葉のキャッチボールをすることが必要です。

 

大切なことは、自分の意見を持つこと、相手に興味を持つこと、何を話すかということよりどう話すかということを意識すること。

意識を変えると、会話をする時の行動が変わっていきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!