人に好かれる会話術

会話が噛み合わない!話が噛み合わない時の心理と会話のコツを徹底分析!

あ、あれ?なんだか会話が噛み合わない。

会話が噛み合わない時は、あなたが言っていることが伝わらないこともありますし、相手の言っていることが分からないこともあります。

 

初対面だから会話が噛み合わないこともあれば、考え方が違うのかいつも会話が噛み合わないことも。

会話が噛み合わないことが多いと、もしかして病気で自分に原因があるのかもしれないと心配になるかもしれません。

 

今回は、会話が噛み合わない時の心理状態と、話が噛み合わないと感じても楽しく会話をするコツについてお話ししていきます。

 

話が噛み合わない時の心理状態とは?

話が噛み合わなくて気まずい

話が噛み合わない時は、会話がスムーズに進んでいかないので、気まずい空気になるもの。

あまりにも話が噛み合わない時には、冷や汗がタラリと流れることもあるでしょう。

 

お互いの話の内容が理解できなていない時には、話があちこちに飛んでしまって、側から見ると面白いものですが、当の本人は気まずいものです。

あのなんとも言えない空気は、なかなか対処することが難しいのですよね。

 

なんで分かってくれないかなー

話が噛み合わなくて自分の話が理解されていないと感じる時、人は相手に対して、「なんで分かってくれないかなー。」と思ってしまうもの。

あなたは自分が話していることなので理解して話しているのに、相手が理解してくれなくてトンチンカンな答えが来るとがっかりしますよね。

 

常識的なことを話しているのに相手は分かっていない、丁寧に説明しているのに分かってくれない。

会話が噛み合わないことを相手のせいにしてしまうこともあるでしょう。

 

相手が話の内容を理解してくれなくて会話が噛み合わないと、だんだんとイライラして来ることも。

イライラして話すと、ますます会話が噛み合わなくなっていくという、悪循環に陥ってしまいます。

 

参考:会話が噛み合わないとストレスに!特定の人にイライラする原因は何?

 

楽しく会話をするコツ

相手に分かりやすく確認しながら話す

会話が噛み合わないとき、相手が理解していないように感じるならば、まずは相手に分かりやすく話すことを意識してください。

丁寧に説明をすることで相手が内容を理解し、腑に落ちることもあるもの。

 

相手が理解していないことを相手のせいにするよりも、まずは自分の話し方を見直してみることが大切です。

相手がどのように理解しているのか確認をする意味でも、質問を投げかけてみることも有効。

 

特に、知り合ってまもない人とは共通認識が少ないため、こちらが当然と思っていることが分からない可能性があります。

話が噛み合わなかった人と噛み合うようになった時、あなたの会話力は確実にアップしていることでしょう。

 

相手の話を理解しようと真剣に聴く

会話が噛み合わない時、あなたが相手の話を理解できていない場合もあるものです。

会話が噛み合っていないと感じた時には、相手の話に耳を傾け、相手がどのような主旨で話をしているのか探ることも必要。

 

人は他人の話を自分の都合で解釈してしまうこともたくさんあるので、会話が噛み合わない時には、相手の話をしっかりと聴いてみましょう。

すると、自分の解釈が違っていたことに気づき、相手の思いをきちんと理解することができます。

 

きちんと理解することで、その後の会話がスムーズに進むこともあるのです。

参考:友達と会話が弾む方法!楽しい会話のコツは話を引き出すのがうまいこと!

 

話が噛み合わないことをネタにする

話が噛み合わない時、それは笑いのネタになります。

相手が勘違いして内容を受け取っているような場合は、「もしかして〇〇の意味だと思ってる?そうじゃなくて●●の意味だよ。」と思うもの。

 

それをそのまま相手に伝えると笑い話にできるのですが、言い方には注意が必要です。

「そんなことも分からないの?」という感情があると、そういう意味じゃないよと伝えた時に、相手は不快に思ってしまうでしょう。

 

「もしかして〇〇って意味で取っちゃった?私が言いたかったのは●●って意味だったんだよ。ごめんね。」

このように親しみを込めながら伝えると、その場を笑える空気に変えることができます。

 

会話を仕切り直す

どうしても会話が噛み合わなくて気まずい時には、一旦その会話を止めて会話を仕切り直すこともひとつの手。

この会話はこの人とはしない方が良いという判断も時には必要です。

 

話題を変えるも良し、場所を変えるも良し、日を改めるも良し。

気まずい空気を一蹴するためにも、会話を仕切り直すという選択肢も頭に入れておいてください。

 

参考:相手を楽しませる会話とは?会話が弾む人は楽しい会話のコツを知っている!

 

いつも会話が噛み合わないのは病気かも?

話が噛み合わないことがよくあるという場合は、自分に原因があると考えることが普通でしょう。

もしかして、自分はアスペルガー症候群とか発達障害かもしれないと、心配することもあるかもしれません。

 

でも、自分は障害があったり病気かもしれないと感じている人は、おそらくその病気ではないことが多いので大丈夫。

本当に発達障害や精神的な病気の場合は、本人が気づくよりも周りの人によって気づくことが多いものです。

 

なので、あまり深刻に考えることなく、人と楽しく会話をしたいのであれば、楽しく会話をするためにどうするかということに意識を向けること。

人は、自分が意識したものを深く認識するので、楽しい会話をしたいのであれば、普段から楽しい会話について考えるようにしましょう。

 

例えば、人は赤と意識すると、その日は赤いものばかり目に飛び込んでくるという不思議な現象が起こります。

つまり、普段意識していることが目に飛び込んでくるということなので、普段の意識を自分の願いを叶えるように変えていくことも必要でしょう。

 

参考:会話で言葉が浮かばない!頭真っ白でとっさに言葉が出ない時の対策!

 

まとめ

会話が噛み合わない時、なんで分かってくれないかなーと相手に原因を求めてしまいがちです。

しかし、話が噛み合わないのは、自分が相手の話を理解できていないという可能性もあるもの。

 

会話が噛み合わない時は気まずい空気が流れてしまいますが、話の理解度をお互いに確認しながら楽しく会話ができると良いですね。

会話が噛み合わないことを笑いのネタにすることもできますし、どうしても噛み合わなければ仕切り直すことも可能。

 

会話が噛み合わないこと自体も楽しめるようになると、怖いものなしかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!