人に好かれる会話術

会話が苦手を克服!話が下手なのは頭が悪い?コミュニケーション苦手な原因は?

会話が苦手な自分を克服したい。

会話に苦手意識を持っている人は、人とのコミュニケーションが苦手な人が多いでしょう。

 

なぜなら、人が仲良くなったり親密になるためには会話が必要不可欠ですし、仕事をする上でも会話は大切なものだから。

会話に苦手意識を持っている人は、自分は口下手で話が下手だと感じている人が多いです。

 

中には、話が下手なのは頭が悪いからだと言う人もいますが、話の上手下手は、慣れと緊張の度合いが大きいもの。

友達との会話では饒舌になる人でも、仕事の場や大勢の人の前では緊張して話が下手になる人もいます。

 

今回は、会話が苦手な自分を克服したい人へ、コミュニケーションが苦手な原因をお話ししていきますので、じっくりと読んでみてください。

 

コミュニケーションが苦手な原因とは?

自己肯定感が低く自分に自信がない

自己肯定感が低い人は、自分に自信がないため、初対面の人や大勢の人が集まるところでは引っ込み思案になってしまいがち。

引っ込み思案だと、なかなか人と積極的にコミュニケーションをとることができなくなります。

 

自己肯定感が高い人は、たとえ話が下手だったとしてもそんな自分も受け入れられるので、積極的にコミュニケーションがとれるというわけ。

コミュニケーションが苦手だと感じている人は、自分に対して自己肯定感が低くなっていないか、見直してみましょう。

 

自己肯定感を高めるためには、小さくてもたくさんの成功体験を積んで、自分で自分を褒めてあげること。

この程度はできて当たり前と思わずに、できた自分を褒めてあげてください。

 

続けることで自己肯定感が高まり、たとえ失敗したとしても自分を受け入れることができるようになります。

 

人に興味が持てない

他人に興味が持てないという人はそもそも会話が続かないので、コミュニケーションをとることができないもの。

楽しく会話をするときには、必ずと言っていいほど人の感情が動きます。

 

面白いと思って笑ったり、感動して心が揺さぶられたり、人の話に興味を持つからこそ感情が動くのです。

そして、感情が動くことで人と仲良くなったり安心感を持ったり親密になったりするもの。

 

コミュニケーションが苦手と感じるならば、人に対して興味を持てないことも原因かもしれません。

参考:自然な会話ができない・表面的な会話しかできない・受け答えができない人の特徴!

 

他人の基準で生きていて自分基準で生きていない

他人の基準で生きているというのは、分かりやすく言うと、他人の評価を気にしているということ。

自分がどうしたいかということよりも、人にどう思われるかということを気にする人がこれに当てはまります。

 

人の評価を気にして生きてしまうと、いつも人の目を気にして疲れてしまうもの。

コミュニケーションをとるにも、結局自分の本音を話すことができずに表面上の会話になってしまい、ドッと疲れます。

 

自己肯定感が低いから他人の目を気にしてしまうわけですが、もっと自ら楽しもうとした方が良いものです。

自ら楽しもうと意識すると、人とのコミュニケーションも楽にできるようになりますよ。

 

参考:会話が怖い!人の反応が怖い!人の視線が気になる自分に自信がないあなたへ!

 

会話が苦手な人の克服法

会話が苦手だと感じているあなたは、まず、自分自身を認めて自己肯定感を高めることから始めましょう。

自己肯定感が低いと、なかなか自己開示することができないため、他人との間に自ら壁を作ってしまいます。

 

会話をしていると、相手はその壁を敏感に感じ取るため、なかなかコミュニケーションがスムーズにはいかないもの。

あなたが(無意識だとしても)壁を作ってしまうと、相手も壁を作ってしまうのです。

 

先ほどもお話ししたように、自己肯定感を高めるために、なんでもいいのでできた自分を褒めてあげてください。

  • 今日はいつもより10分早起きできた
  • 自炊をして体に良い食事ができた
  • 人に優しく接することができた
  • 部屋の掃除をすることができた
  • だらだらとゲームをしなかった
  • 仕事を定時に上がれた
  • 勉強をすることができた
  • 時間を作って読みたい本を読むことができた

 

このように、小さなことでもできたら自分を褒めてあげると、心がじんわりと温かくなっていい気分になります。

斜に構えずにこれを続けていくことで、自己肯定感が高まり、他人とのコミュニケーションのとり方も変わるはず。

 

意識が変わることで、自分への接し方も変わり、より自分を大切にするようになります。

すると、他人への接し方も変わり、コミュニケーションが苦手な自分を克服できるのです。

 

最初は小さな一歩ですが、継続していくことで、確実に人とのコミュニケーションのとり方が変わっていきます。

参考:人見知りで会話が続かない!どうやっても話が続かない悩みを解消!

 

まとめ

会話が苦手な自分を克服したいならば、まず、自己肯定感を高めること。

コミュニケーションが苦手な原因は人それぞれあるものですが、自己肯定感を高めることで、失敗してもそんな自分を受け入れることができます。

 

自己肯定感が高まると、自分自身を大切にするようになり、その上、他人への接し方も変わっていくはず。

今は、自己肯定感が低くて自分に自信がないとしても、少しずつ自分自身を褒めていくことを続けることで、自己肯定感は高まります。

 

まずは、はじめの一歩を踏み出してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!