グループの会話術

グループの会話に入る方法は?会社で輪の中に入れない、会話に入れない!

1対1での会話ならば問題ないけれど、グループの会話になると入れない。

特に、会社で会話の輪の中に入れないと、1人取り残されて仲間はずれになっているようで辛いですね。

 

もしかしたら、会話に入れないことで仕事に支障が出ることもあるかもしれません。

人間関係を円滑にするためにも、仕事を素早く進めるためにも、職場でのコミュニケーションは大切。

 

今回は、グループの会話の中にスンナリと入る方法についてお話ししていきます。

 

会社で会話の輪の中に入れない人の特徴

会社は仕事をする場所ですが、仕事をする上で会話は必要不可欠なもの。

仕事をスムーズに進めるためにも、会話でコミュニケーションをとることはとても重要なことになります。

 

会社で会話の輪の中に入れない人には、どのような特徴があるでしょうか?

 

声が小さすぎてかき消される

グループの会話では、複数の人が会話に加わっているので、声が小さいとかき消されてしまって会話に入ることができません。

声が小さい人は、腹式呼吸を意識して、腹から声を出す意識をすること。

 

声が細くて優しい声の人でも、腹式呼吸で腹から声を出せる人の声は響くので、かき消されることはないものです。

自分の意見に自信がないと、声が小さくなってしまうので、発声練習もしながら自信を持って堂々と話すようにしましょう。

 

人の話を聞いていない

会話の輪の中に入れない人は、ほとんど人の話を聞いていないことが多いもの。

仕事に集中しているときは仕方がないですが、休憩中でも会話に入れない人は、基本的に人の話を聞いていません。

 

他人に興味がないという人も、人の話を聞かないので会話の中に入ってこれないでしょう。

また、このような人は、無表情だったり仏頂面をしていることが多く、近寄りがたい雰囲気を醸し出しているものです。

 

自分を良く見せようとしている

自分を必要以上に良く見せようと思っていると、ありのままの自分でいられず、なかなかコミュニケーションの輪に入っていけません。

ある意味、プライドが高い人ということも言えます。

 

しかし、裏を返せば、ありのままの自分で会話に入れないということは、自分に自信がないことの表れ。

プライドが高く、自分から会話に加わろうともしない人は、周りから気を使われているものです。

 

仕事さえできれば良いと考えていて自分勝手

仕事はチームプレーも多いのに、自分の仕事さえしていれば良いと考えている自分勝手な人もいます。

与えられた仕事さえこなしていれば良いと考えている人は一定数いて、周りと距離を置いていることが多いもの。

 

仕事をスムーズに進めるためには、仲間とコミュニケーションをとっていくことは必要不可欠です。

参考:話しかけられない人の特徴とは!職場で話しかけにくい人だと思われてる?

 

グループの会話に入る方法

グループの会話に入る方法は、実にシンプルで難しいことはありません。

グループの会話に入れないと悩んでいる人は、実は、複雑に考えすぎている人が多いのです。

 

リアクションをとっていこう

グループの会話に入りたいならば、リアクションをとっていきましょう。

すでにできているグループの会話に入るのが難しくても、話を聞いて頷いたり笑ったりしてリアクションをとるのは簡単。

 

興味のある話をしているならなおさら、笑顔でリアクションをしてみてください。

すると、その会話に入りたいというアピールになり、話を振ってくる人が出てきます。

 

話を振られたら、適宜、返事をしたり自分の考えを話したりして、会話に参加しましょう。

 

笑顔は大切な要素

あなたが話をしている時に、笑顔で話を聞いてくれる人に対して好印象を持ちませんか?

しかめっ面で話を聞いているよりも笑顔で聞いている方が、話をしている方も嬉しいもの。

 

悲しい話をしている時以外は、笑顔はいつでも最強の武器になるのです。

会話に加わりたいと言いながら、仏頂面をしている人とは、一緒に会話を楽しみたいとは思わないものですよね。

 

笑顔が苦手であれば、笑顔になる表情筋が衰えていますので、毎日、表情筋を鍛えて自然で素敵な笑顔ができるようになりましょう。

 

自分の考えを話す

グループの会話に入りたいのであれば、自分の考えをしっかりと言葉にして人に伝えることが大切になります。

ただ笑顔で人の話を聞いて、リアクションをするだけでも会話に加わることはできていますが、やはり、自分の考えもしっかりと主張したいところ。

 

グループの会話の良いところは、いろいろな人のいろいろな意見が飛び交うところです。

あなたの考えを話すことで、他の人の気づきになることもありますし、あなたの意見から他の人の意見が導かれて議論になることもあります。

 

誰か1人に向けて話す

どうしてもグループの会話に入るのが苦手な人は、グループの中の誰か1人に向けて話す意識を持ってみてください。

全員に向けて話すというよりも、1人のターゲットを決めて、その人に語りかけるようにすると、意外とスンナリと会話に入ることができます。

 

全員に向けて話すよりも、1人の人に向けて話す方が簡単。

特に、グループの中でもその会話の中心人物をターゲットにして、その人に向けて話すようにすると効果的です。

 

まとめ

あなたがグループの会話に入れない原因はわかりましたか?

原因がわかったら、あとはその原因を潰して改善していくだけになります。

 

会社で会話の中に入ることは、仕事を円滑に進めるためにも大切なことなので、しっかりとコミュニケーションをとっていけるようにしましょう。

今まで、グループの会話に入っていけなかったとしたら、まずは表情を意識してリアクションをとるところから。

 

自分の意見を話す時には、誰か1人のターゲットに向けて話すようにすると気持ちが楽になりますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!