人見知り克服

人見知りを克服する方法!人と話す時の緊張をほぐす自己暗示!

人見知りはひとつの個性だから克服しなくても大丈夫。

このように言う人もいますが、人見知りをすることで人間関係がうまく作れなかったり、人間関係に支障を来しているのは困ります。

 

初対面の相手との会話では特にそうですが、人見知りの人は、人と話す時に緊張してうまく話せなくなりがち。

今回は、人見知りをする人の特徴と、人見知りを克服して人間関係を劇的に変える方法についてお話ししていきます。

 

人見知りをする人の特徴

人と関わりたいのに自分に自信がない

人見知りを克服したいという人は、本心では人と関わりたいと思っているのに自分に自信がなくて積極的になれないもの。

周りから「あなたはダメな子だ。」と言われて育っていたり、自分でも「自分は何もできないダメな人間だ。」と思っていて自信がなくなっています。

 

いつでも自信満々にならなければいけないわけではないですが、必要以上に自分を卑下することはありません。

人には個性があり、得意なもの不得意なもの、また、こうなりたいという目標もそれぞれ違うのですから、自分というものを大切に生きていきましょう。

 

他人を信用できない

人見知りをする人は、他人のことを信用できていないという特徴があります。

逆を考えると分かりやすく、人見知りをあまりしない人は、他人に嫌われることを考えていなくて、人は皆仲良くなれるものと信じているもの。

 

他人からの評価を気にせず、自分が行動すれば仲良くなれると信じてやまないのです。

人見知りをする人は、自分は他人から嫌われてしまうかもしれないと、コミュニケーションの相手を信用していないということが言えます。

 

人や物事に対する興味が薄い

人見知りをして積極的に人と関わることができない人には、人や物事に対する興味が薄いという特徴もあります。

人は、自分が興味があることに対しては積極的に学ぼうとしたり知りたいと思うものですが、興味が薄いとその情熱もないというものです。

 

人見知りをするということは、人や物事に対する興味よりも、自分が傷つくことを避けるという思いの方が強いということ。

自分が何に対して興味があるのか分からないという人もいるので、もしあなたもそうならば、しっかりと自分の情熱に耳を傾けてみましょう。

 

参考:相手の反応気にしすぎ!気にするのやめたら楽になる!いちいち反応しないコツ!

 

人見知りを克服する方法

意識を変えると行動が変わる

人見知りを克服しようとしても、今までと同じ行動をしていたのでは難しいものです。

だからと言って、いきなり行動を変えるというのも難しいものですし、行動を変えようとしても苦しくなって長続きしないでしょう。

 

しかし、考え方を変えることで、いとも簡単に行動を変えることができるというもの。

人見知りを克服するために、どのような意識で人と接すると良いのか、1つずつ見ていきましょう。

 

人間関係は自分次第で改善できる

人間関係は、自分と相手で作っていくものですが、あなたの意識が変わることで改善することができるもの。

あなたの意識が変わると、今までは気になっていたことが気にならなくなる、あなたの行動が変わって相手の行動も変わる、といったような現象が起こります。

 

つまり、人間関係は、自分次第でいくらでも変えることができますし、改善することもできるということ。

具体的な行動は必要ですが、自分次第で人間関係を作ることができるという意識は、必然的に行動が変わっていくので意識しましょう。

 

会話は途切れてもいいもの

人見知りをする人の多くは、会話が途切れることに恐怖を感じているもの。

あなたも会話が途切れると、自分の話がつまらないのではないかと感じたりして、恐怖を感じているのではありませんか?

 

特にまだ関係が浅い状態では、お互いに手探りなところがあるので、会話が続かないことになりがち。

しかし、その沈黙の間に相手の良いところを見つけたり、余裕を持って次の話題を探したりできるというものなので、会話が途切れることは心配することでも恐怖でもないのです。

 

自分がどうしたいかで行動する

人見知りをしてしまう人の意識は、ほとんどの場合、他人にどう思われるかということに傾いてしまいがち。

他人の気持ちはこちらがコントロールできるものではないので、どう思われるかと意識してもどうにもなりません。

 

それよりも、大切なことは、あなたがどうしたいのか意識して行動すること。

他人の基準や世間の基準ではなく、自分の基準で物事を判断して行動するように意識していきましょう。

 

参考:人付き合いが怖い!疲れる!下手!嫌われるのが怖い人の人付き合いのコツ!

 

行動が変わると現実が変わる

意識を変えるとそれだけで行動が変わりますが、行動が変わると当然に現実が変わっていきます。

簡単に行動を変えるためにまず意識を変えることから実践しますが、現実を変えるために行動を変えていくことも大切なこと。

 

意識が変わると自然とこれらの行動はできるようになりますが、念の為お伝えしますので、こちらも読んでみてください。

 

姿勢を正して前を向く

人見知りで自分に自信がなくなると、人はどうしても下を向いてしまいがち。

会話をしていても相手の顔を見ることができなかったり、歩いている時も猫背になって下を向いて歩いているので、コミュニケーションがスムーズにいきません。

 

また、下を向いていると、話し声も下に向かっていくので、相手に話が伝わらないもの。

猫背で姿勢が悪い場合も、声がこもってしまったり声が小さくて通らなくなってしまいます。

 

やりたいことをやる時間を増やす

楽しい人生を送るためには、やりたいことをやる時間を増やすように毎日を過ごしましょう。

やりたくないことを仕方なく毎日こなす人生は、あなたの人生ではありません。

 

生活のために嫌な仕事をしなければいけないという人も多い世の中ではありますが、それでも、やりたいことをやる時間を増やすように行動を変えていくことが重要。

本当は自分はどうしたいのか、しっかりと自分と向き合う時間を持って、人見知りを克服してしまいましょう。

 

参考:友達の作り方!声のかけ方!話しかけ方!話題を作って話しかける勇気を!

 

まとめ

人見知りを克服したいのであれば、今までと同じ選択をするのではなく、まず、人間関係に対する意識を変えることが重要。

人間関係は自分次第で変えられますし、意識を変えることによって行動が変わってきます。

 

行動が変われば現実も変わってきますので、ぜひ、ひとつずつ実践していってください。

意識を変えることで行動が変わり、行動が変わることで現実が変わる。

 

いきなり行動を変えようとするよりも、まず、人と接するときの意識を変えていく方が、より早く劇的に人間関係を変えることができるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!