人見知り克服

人見知りで人に話しかけるのが苦手?コツを身に付ければ怖いことはない!

あなたは、人見知りで人に話しかけるのが苦手ですか?

その気持ちはわかりますが、人に話しかける時には、コツさえ身に付けてしまえば何も怖いことはありません。

 

コツとは、話しかける話題を用意することと話しかける時の気持ち。

ぜひ身に付けて人とたくさん会話をし、人見知りでも楽しい毎日を送りましょう。

 

人に話しかけるのが苦手な人の特徴

話しかけて盛り上がらないのが怖い

人に話しかけるのが苦手な人というのは、自分から話しかけて話が盛り上がらないのが怖いという気持ちがあるもの。

話しかけて無視されたら嫌だなという心理もあります。

 

会話が弾まないかもしれないから怖いという思いがあると、なかなか自分から人に話しかけることは難しいかもしれません。

人に話しかける目的にもよりますが、話が盛り上がらないのはあなたが悪いのではないのです。

 

会話は1人では成立しないもので、お互いが会話をする意思があって初めて成立するもの。

もしかしたら、相手も話しかけられるのを待っているかもしれません。

 

人に嫌われたくないと思っている

人に話しかけるのが苦手な人というのは、こんなことで話しかけて、人に嫌われたらどうしようという思いがあります。

話しかけるということは、話題をあなたが決めて、それについて会話が始まるということ。

 

しかも、会話が続いていく中でも、自分の発言によって人から嫌われないかと内心ビクビクしてしまいます。

初対面やまだ関係が浅い段階では、相手のことをまだよく知らないため、話題は選ぶべき。

 

ですが、話しかけなければ、関係を築くこともできませんよ。

 

他人の意見に流されやすい

人に話しかけるのが苦手な人というのは、自分の意見を主張することが苦手な人。

自分の意見よりも他人の意見を尊重して、他人の意見に流されやすい傾向があります。

 

自分の意見を主張することは苦手なため、自分から話しかけることができません。

人はそれぞれ意見を持っているものですので、まずは自分の意見をしっかりと持ちましょう。

 

参考:仲良くなるには話し方がうまいだけじゃダメ!楽しい話し方と声も意識しよう!

 

人見知りでもコツを身に付ければ話しかけられる

あらかじめ話題のきっかけを用意しておく

いきなり誰かと2人きりになって、会話がないと気まずい状態になった時に困らないように、あらかじめ話題のきっかけを用意しておくと良いでしょう。

初対面やまだ関係が浅いならば、そのきっかけから会話が進んでお互いのことを知ることができます。

 

一番多い話題のきっかけは、天気の話題。

他にも、相手が好きそうならば芸能人やテレビ番組のこと、地元の話題、最近読んだ本や最近話題の映画についてなど、いくつか用意しておくと便利です。

 

あくまでもきっかけなので、すぐに会話が終わってしまわないように話を広げる努力は必要ですが、話題を用意しておくに越したことはないでしょう。

話題を広げるためには、話を展開していくことが必要。

 

天気の話題ならば、

あなた:「今日は、いい天気ですね。」

Aさん:「そうですね。」

あなた:「・・・。」

 

と、ここで終わらせず、

 

あなた:「今日は、いい天気ですね。」

Aさん:「そうですね。」

あなた:「週末も良い天気みたいなので、○○へ出かけようと思っているんです。Aさんは何か予定してますか?」

 

とか、

 

あなた:「今日は、いい天気ですね。」

Aさん:「そうですね。」

あなた:「良い天気だと気分が良くて、仕事が捗りそうだ。夜のビールが楽しみだなー。ところでAさんはお酒は好きですか?」

 

など、Aさんに対する質問に繋げていくと話が展開していきます。

 

相手の持ち物について質問をする

話しかけたい相手の持ち物について質問をすることで、話しかけることができます。

例えば、おしゃれな服を着ていたら、「その服、素敵ですね。どこのブランドですか?」と聞く。

 

使い勝手の良さそうな手帳を持っていたら、「その手帳、使い勝手が良さそうですね。どこのですか?」と質問をする。

質問をすれば必ず答えが返ってきますので、そこからまた話を膨らませていければ会話も続くということ。

 

持ち物であなたの目に止まるものがあったら、ぜひ、それをきっかけに話しかけてみてください。

 

相手との共通点を見つける

相手との共通点を見つけると話しかけやすいでしょう。

例えば、相手があなたの好きなキャラクター(ここではミッキーマウスとします)のグッズを持っていたら、話しかけます。

 

「ミッキーのキーホルダー可愛いですね。私もミッキー大好きなんです。どこで買ったんですか?」

「ミッキーのキーホルダー可愛いですね。ディズニーランドとかもよく行かれるんですか?」

 

など、質問してみる。

そこからまた、話を展開していくようにすると、会話が続くので試してみましょう。

 

盛り上がらなくても気にしない

人に話しかけるのが苦手な人の特徴でもお話したように、話しかけるのが苦手な人は、盛り上がらなかったらどうしよう、嫌われたらどうしようという気持ちがあるもの。

会話は相手があって成立するものですが、もし、会話が成立しなくても気にしないことです。

 

会話が盛り上がるか盛り上がらないかよりも、あなたが話しかけたことに意味があります。

人見知りで話しかけることが苦手だったあなたが、勇気を持って話しかけたことはかなりの前進。

 

盛り上がらなかったら、相手と会話するタイミングは今ではなかったのだと割り切って、次の機会に期待しましょう。

参考:話しかけ方がわからない!人に話しかけるコツは勇気と仲良くなりたい気持ち!

 

まとめ

人に話しかけることに苦手意識を持っていると、なかなか行動に移すことができません。

話しかけることが難しいのではなく、話しかけて盛り上がらなかったら嫌だなという気持ちが問題。

 

まずは、盛り上がらなくても大丈夫なので、話しかけたい人に対して質問をしてみましょう。

会話が続いていけば自信にもつながりますし、経験値も増えて、人見知りせず人と仲良くなれます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


コミュニケーション・会話ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!