グループの会話術

自分が話すと会話が止まる気がする。会話が続かない悩みを解決するには?

会話が盛り上がっていたのに、自分が話し出した途端、その会話が止まる。

自分が話すと会話が止まるとなると、周りから嫌われているのではないかと不安になってしまいますよね。

 

会話の最中に妙な間が空いたりすると、変な空気が流れてしまい、気まずいものです。

今回は、自分が話すと会話が止まる気がする、会話が続かないという悩みを解決する方法をお話ししていきますので、参考にしてください。

 

自分が話すと会話が止まる気がする時

自分が話すと会話が止まるということが1度ならば気のせいかもしれませんが、何度も続くとなると、何か原因があるのではないかと気になるもの。

自分が話すと会話が止まる気がする時は、必ずと言っていいほどあなたに原因があります。

 

思い当たるところがないか、自分の会話を振り返ってみましょう。

例えば、人の話をさえぎって自分が話していないか、自慢話になっていないか、ネガティブな発言や愚痴が多くなっていないかなど。

 

その場の空気を読めない発言をした時も、会話は止まってしまいます。

自分が話すと会話が止まる気がする時は、嫌われているとまではいかなくても、不協和音が生じていることは間違いなさそうです。

 

会話が続かない悩み解決法

自分が話すと会話が止まり、会話が続かない時は、会話のバランスが崩れていると言えます。

会話が続かないという悩みがあるならば、次のようなことを意識してみましょう。

 

自慢話をやめる

会話をしている時に自慢話をされると、誰だって嫌な気持ちになるもの。

自慢話をしている方は、自分が優越感に浸って気分がいいのかもしれませんが、聞いている方はうんざりしてしまいます。

 

しかも、自慢話が毎回続くとなると、もうその人とは会話もしたくなくなるほど。

自慢話をする癖のある人は、冗談混じりでたまに自慢話をする程度に抑えて、聞いている人の気持ちも考えるようにしましょう。

 

相手の話をよく聴く

人の話をさえぎって自分の話をする人がいますが、絶対に嫌われます。

自分の意見や考えを言うことは良いことですが、人の話をさえぎってしまうところが問題。

 

「私はこうだった」「私はこう思う」と、自分の話ばかりしてしまいがちな人は、意識して相手の話をよく聴くようにしましょう。

相手の話を最後まで聴いてから、それに対するあなたの意見を言うようにすると、会話が楽しく続けられるはず。

 

相手の話にリアクションをする

相手の話に対してリアクションが薄い人がいますが、これでは会話は続きません。

自分の話に対してリアクションがなかったら、その後の会話を続けることはできないですよね。

 

相手も同じですから、会話が続かないと悩んでいるなら、相手の話にリアクションをすることを意識してください。

リアクションも、否定的なリアクションではなく、共感を示すリアクションが理想的。

 

「昨日飲みすぎちゃったよ。」という相手の言葉に対しては、「え〜、ダメじゃん。」ではなく、「え〜、飲みすぎ?何かあったの?」という感じです。

相手の言葉を繰り返すミラーリングも、心理学的に共感や親近感を表すので、テクニックとして使えます。

 

会話のキャッチボールを意識する

会話が続かないのは、会話のキャッチボールができていなくて、一方的にどちらかが喋っている状態です。

相手の話を聴いてそれにリアクションをすることや、あなたが相手に質問をして相手が答えることで会話は成立するもの。

 

一方的に誰かが喋っている状態も、喋らずに黙ってリアクションがない状態も、会話のキャッチボールができていません。

会話は、その場にいる全員で作っていくものと意識して会話を進めると、会話が続いて楽しめるでしょう。

 

ネガティブ発言を続けない

ネガティブな発言ばかりする人とは、誰も会話をしたいと思いません。

とは言っても、ネガティブになってしまうことは誰にでもあることです。

 

なので、ネガティブ発言が絶対に悪いということではなく、ネガティブばかりになってしまうことは避けましょうということ。

ネガティブ発言は気持ちの良いものではないので、そればかり続くとその場の空気も悪くなってしまいます。

 

姿勢や表情を良くする

会話が続かなかったり、あなたが話すと会話が止まるという時、姿勢が悪くなったり表情が暗くなったりしているのかもしれません。

無表情で話していると、楽しくないのかなと周りが心配してしまい、会話が盛り上がらなくなってしまうことに。

 

姿勢や態度が悪くても、会話が途切れて続かないようになります。

人と会話をするときは、姿勢や表情に気をつけて、姿勢良く笑顔で会話をするように心がけましょう。

 

会話への苦手意識を捨てる

会話への苦手意識があると、それが言葉や態度に表れてしまい、会話がぎこちなくなってしまいます。

あなたは無意識だとしても、微妙な間ができてしまい、自然な会話ができません。

 

自分が話すと会話が止まることが気になると、会話への苦手意識が出てくるかもしれませんが、あまり気にしないこと。

会話を楽しもうという気持ちでいた方が、人との会話にリラックスして参加できて会話が続いていくものです。

 

まとめ

自分が話すと会話が止まるという状態は、気分の良いものではないですね。

しかし、あなたに原因があることも多いので、あなたの会話の仕方を振り返ってみてください。

 

会話は、そこにいるみんなで作っていくものです。

会話のキャッチボールを意識して、会話への苦手意識はなくし、会話を楽しみましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!