グループの会話術

グループの会話に入る方法:3人以上いると黙る?大勢の中に入れない時は!

3人以上人が集まると、会話についていけなくなっていつも黙る。

大勢人がいると、会話の中に入れずいつも聞き役。

 

このように、3人以上のグループの会話だと会話に入っていけないという人は多いものです。

なぜなら、自分ひとりが話さなくても、他の誰かが話すことで会話が成立していて、話はどんどん進んでいくから。

 

それでも楽しいと感じることができる人は良いですが、なんだか置いてけぼりにされたように感じると辛いですよね。

大勢の人がいる会話の中に入れない時、グループの会話に入る方法はあるのか、一緒に見ていきましょう。

 

3人以上のグループの会話だと黙る人の特徴

自分に自信がない

1対1の会話ならば、自分と相手しかいないので、会話をするには2人とも話をする必要があります。

しかし、3人以上いるグループの会話では、1人話さない人がいても会話は成立するもの。

 

自分に自信がない人は、グループで会話をする時、自分が話さなくてもいいやと思って話さない傾向があります。

自分に自信がなく、嫌われたくないという心理が働いて、積極的に会話に参加できないということも。

 

自分が話さなくても会話が進んでいくので、話さなくなりいつも黙ってしまうのです。

 

自分の意見が定まっていない

自分の意見が定まっていない人は、大勢いるグループの会話ではなかなか自分の意見が言えず、黙ってしまいがち。

Aさんの意見にも賛同したり、Bさんの意見にも賛同したりして、どっちなんだということになります。

 

そんなことがあると、なおさら自分の意見が言えなくなり、結局また黙ってしまいます。

人に流されやすいため、意見がコロコロ変わってしまうのも特徴です。

 

参考:仲良くなるには話し方がうまいだけじゃダメ!楽しい話し方と声も意識しよう!

 

大勢いると会話に中に入れない時はどうする?

大勢いるグループの会話で、会話の中に入れない時はどうすれば良いでしょうか?

まず、グループの会話だと黙る原因である、自分に自信がないことと自分の意見が定まっていないことを改善すること。

 

自分の考えを言葉にして人に伝えることができるように、自分の意見を持ちましょう。

身の回りの出来事に対して、自分がどのような感情を持っているのか、どのような意見を持っているのか、紙に書き出してみることをおすすめ。

 

紙に書き出すことで自分の意見が整理されて、自分の考え方が確立されます。

自分の考え方が定まってきたら、グループの会話に入る方法を試してみてください。

 

参考:人見知りで会話が続かない人は話を広げられない。悩みを解消するコツは?

 

グループの会話に入る方法

まずは話に相槌を打つ

今まで大勢の会話の中に入っていけなかった人が、いきなり入ることは難しいもの。

なので、まずは人の話に相槌を打つことから始めてみると良いでしょう。

 

相槌を打つためには必然的に人の話を理解しなければならず、会話の内容も分かるようになります。

頷くだけでも良いですし、「うん、うん。」「へえー、そうなんだ。」「おー。」など、声に出すとなお良し。

 

まずは、話に相槌を打つことから始めて、徐々に会話に入っていけるようにステップアップしていきましょう。

 

話に対してリアクションをする

相槌を打つように意識していると、以前よりも会話の内容が入ってきやすくなります。

会話の内容が分かってきたら、話に対してリアクションをすることもできるようになりますね。

 

面白かったら笑う、ひどい話には怒りを表す、人がふざけていたらツッコミを入れるなど、様々なリアクションをとることができるはず。

たとえ、うまくリアクションできなくても気にせず、気楽に考えていきましょう。

 

話を振られたら話す

相槌を打ったり話に対してリアクションをとっていると、誰かがあなたに話を振ってくることが出てきます。

その時は、よし来たとばかりにあなたの意見を主張しましょう。

 

紙に書き出したことで、自分はこんな考えを持っているということが、自分自身でかなり分かっているはず。

自分の意見が定まっていれば、(たとえ話し下手だとしても)考えを話すことで会話に加わることができます。

 

そのうち、話を振られなくてもタイミング良く会話に入ることができるようになりますよ。

 

会話に入らないという選択肢もある

相手が職場の人だったり仕事関係だと、会話に加わった方があなたのためにもなりますが、場合によっては会話に入らないという選択肢もあります。

ネガティブな会話だったり、人の悪口などを言っているような時は、会話に入りたくありませんよね。

 

会話に入りたくない時は、そのままその場を去ったりしても良いのです。

会話をするもしないも、結局はあなたが決めることですから、嫌な思いをして無理をすることはありません。

 

グループの会話に入る方法を実践していけば、仲間に入りたいグループの会話には、必ず入れるようになれますから。

参考:グループの会話に入る方法!集団になると話せない!会話のタイミングは?

 

まとめ

グループの会話では、自分1人が話さなくても会話は成立し、進んでいくので、黙っている人も多い。

しかし、大勢の人の中でも会話を楽しんでいきたいならば、まず、自分の意見をしっかりと持つこと。

 

自分の考え方が定まってきたら、グループの会話に入る方法を試していきましょう。

グループの会話では、様々な意見が出てくるのでブレるときもありますが、基本的な自分の意見は持っているようにすること。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村