グループの会話術

会話が怖い!人の反応が怖い!人の視線が気になる自分に自信がないあなたへ!

人との会話が怖い。自分の話をする時の人の反応が怖い。

自分に自信がないと、人と接する時に人の視線が気になるし、人から嫌われることを恐れて相手に合わせてしまいがちという人もいるでしょう。

 

人に合わせることが人付き合いの基本になってしまうと、いつも気疲れするため、人と会うことを避けていくようになります。

しかし、人は一人で生きていくことはできず、人とコミュニケーションをとることは必要不可欠。

 

今回は、会話が怖い、人の反応が気になるというあなたへ、楽に生きるコツを教えます。

 

会話する時に人の反応が怖いと感じるのはなぜ?

過去の経験によるもの

小さい頃から、人と接した時に人から批判されたり、人に受け入れてもらえない経験が多いと、人の反応が怖いと感じて当然です。

またあの頃のように受け入れてもらえないのではないかと、不安な気持ちになってしまうということ。

 

新しく出会った人はあなたの過去など知らないので、普通に接して大丈夫なのですが、過去のトラウマから怖いと感じてしまうのでしょう。

無意識に人と接する時に壁を作っていて、なかなか打ち解けることができずに、なおさら会話に苦手意識を持ってしまいます。

 

自分に自信がないため

会話をする時に人の反応が怖いと思う最大の理由は、自分に自信がないから。

自信満々で他人のことなどお構いなしというのは困りますが、自己肯定感が低くて、自己開示できないのも少々問題です。

 

何があれば、自分に自信が持てるのでしょうか?

これを達成できたら自分に自信が持てるというものを持って達成し、成功体験を増やして自己肯定感を持つことが大切。

 

自分に自信がないと人と接する時の態度もおどおどとしてしまい、他人からなめられてしまうことがあるかもしれません。

少し努力をすると達成できるものを設定して、成功体験を増やし、自分に自信をつけましょう。

 

参考:初対面だと自然な会話ができない!人見知りでも会話を楽しむ会話の仕方!

 

人の目を気にせずありのままのあなたで行こう!

人の反応が怖い人は、自分に自信がなく、人と接する時に自分より相手を優先して、相手に合わせてしまう優しい人。

しかし、人に合わせて結局気疲れしてしまうのでは、楽しいはずの自分の人生を生きることができません。

 

ここでは、これからのコミュニケーションに向けて、人の目を気にせず自分に自信を持つためにやることを見ていきましょう。

 

時間をとってどう生きたいのか感じてみよう

人の反応を気にしながら人付き合いをしても、自分の望んだ人生を歩むことはできません。

忙しい毎日かもしれませんが、1〜2時間ほど時間をとって、あなたがこれからどう生きたいのかを紙に書き出してみること。

 

紙に書き出すことで自分の気持ちを客観的に見ることができ、自分自身でも気づかなかったことに気づけるのでおすすめです。

ポイントは、何をしている時が楽しいのか、楽しい時間を増やすためにはどのようにしたら良いのかを考えること。

 

書き出していくと、楽しい時間を増やすためには、我慢したり頑張ったりしなければいけないことも出てくるでしょう。

望む未来を生きるためには、多少の我慢や努力は必要です。

 

小さい頃、勉強が嫌いでも、行きたい学校に入りたい一心で勉強を頑張れた経験は誰しもありますよね。

どう生きたいのかを感じて、そのために多少の努力はいとわないという意識を持つことが大切です。

 

正しい我慢と努力をするためにも、あなたがこれからどのように生きていくのかを紙に書き出してみてください。

 

達成感を感じて自己肯定感を高めよう

自分を信じて自己肯定感を高めるためには、小さくてもたくさんの成功体験を積むことが重要。

明日の朝は10分早く起きて朝日を浴びながらストレッチをするなど、少し頑張れば達成できることを設定します。

 

実際に達成して達成感を感じると、とても気分の良い一日を送ることができるのです。

そんなことをしても、会話が怖いのは変わらないよと斜に構えず、とにかくやってみてください。

 

設定するものの例を次に挙げます。

  • 10分早起きしてストレッチをする
  • 自分から人に挨拶をする
  • 行きたかったけれど何らかの理由で行っていない場所へ行く
  • 仕事をする時に時間を区切り、その時間を守る
  • だらだら見ていたスマホやテレビを見ない

 

設定するものは人それぞれ違うと思いますが、自分が設定したものをしっかりと達成し、自分との約束を守るということが大切。

自分との約束を守ることが増えると、自分に自信がついてきて自己肯定感が高まります。

 

わがままに生きることの意味を考えよう

あなたは、わがままに生きると聞くと、どのような印象を持ちますか?

わがまま=自分勝手と考えると、コミュニケーションをとるときに、自分が我慢をして人に合わせてしまいがち。

 

もちろん、人に迷惑をかけたり人を不快にすることは避けたほうが良いのですが、もっと自分を優先させてわがままに生きて良いものです。

人付き合いが怖いと感じている優しい人は、相手を優先して自分が苦しんでしまいますが、もっとわがままに生きましょう。

 

自分のことも優先して相手も尊重するというwinーwinの関係を意識して人付き合いをすると、人が怖いということは無くなります。

参考:人見知りで会話が続かない!どうやっても話が続かない悩みを解消!

 

まとめ

人と接するときに人の反応が怖いのは、自分に自信がなく、自己肯定感が低いから。

まずは時間をとって、自分はこれからどのように生きていきたいのかを考え、紙に書き出して客観的に見つめること。

 

望む未来を生きるためには何をして何をしないか、紙に書き出すと見えてくる部分があるはず。

望む未来を生きるためには、自分を信じて自己肯定感を高めることも重要。

 

そのためには、自分との約束を設定してその約束を守り、成功体験をたくさん増やしていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村