人に好かれる会話術

自分の話ができない人!自分の話をしない人は会話してもリラックスできない!

自分の話ができない人や自分の話をしない人というのは、世の中に一定数いるものです。

会話をしていても自分の話ができない人がいると、会話のキャッチボールができずに、会話してもお互いにリラックスできないもの。

 

自分の話ができない人には、その人が悪いわけではなく、ある特徴があるのです。

自分の話ができない人にはどのような特徴があるのか、自分の話ができない人が会話をする上で何を意識すると良いのか、一緒に見ていきましょう。

 

自分の話ができない人・自分の話をしない人の特徴

自分の考えに自信がない

自分の考えに自信がないから自分の話ができない。

これは理解できる話で、自分の考えに自信というか誇りがあれば、躊躇することなく自分の話もできるはずですよね。

 

自分の考え方に自信がない人によく見られる特徴は、自分の意見を肯定された経験が少ないということ。

このような人も、小さい頃は自分の考えを話していたはずなのです。

 

しかし、親なのか友達なのか教師なのか、周りの人からその考えを否定され続けると、自分の考え方はおかしいのかと思って自信を失くしてしまう。

こうなると、初対面の人との会話ではなおさら、自分のことを話すことができなくなってしまいます。

 

幼い頃から自分の意見を話す機会が少ない

家庭環境により、幼い頃から自分の意見を話す機会が少ない人は、会話の仕方が分からず、自分の話ができなくなる傾向があります。

家族から意見を押し付けられて、自分の意見が言えない環境だったり、または、家族が無口で家族間の会話が少なかったり。

 

学校で自分の意見を話すことができたら良いのですが、家族と話ができないと、なかなか外で自分の話をすることは難しいものです。

幼い頃から自分の意見を話すことが少ない人は、大人になっても自分の話ができない人が多いでしょう。

 

人から嫌われることを極度に恐れている

自分の話ができない人や自分の話をしない人の多くは、他人からの評価に敏感です。

自分がこれを話したら嫌われてしまうのではないか、変な考え方の人だと思われたらどうしようなどと気にしてしまいがち。

 

自分の考えに自信がないということにも繋がりますが、自分の考えよりも他人の評価を気にするということですね。

どのような考え方でも、全員から好かれるということはありません。

 

もっと自分に自信を持って良いものですし、極端に非道徳的な意見でない限り、全員から嫌われるということもないものです。

参考:会話が続かない人は疲れる・イライラする意見多数!悩み解消。話が続く人になる!

 

自分の話ができない人がいると会話してもリラックスできない

人間は、本能的に、自分の話を人に聞いてもらいたいものなので、自分の話を(肯定的に)聞いてくれる人に対しては好感を持ちます。

しかし、多くの人は、自分の話を聞いてもらったら、相手の話も聞こうと思うもの。

 

お互いがお互いの話をすることで、会話のキャッチボールができて会話が成立し、お互いの考え方も理解できるようになります。

自分の話ができない人がいると、会話のキャッチボールができないため、会話をしていてもお互いがリラックスできない状態に。

 

自分の話ができないこともストレスですし、話を聞きたいのに相手が話してくれないのもストレスです。

参考:自分の話は苦手。人のことは聞くのに自分のことは言わない人ってどうなの?

 

会話はその場にいる人全員で作っていくもの

先ほどもお話ししたように、人間は本能で自分の話を聞いてほしいと思っているもの。

自分の話ができない人は、人間の本能に逆らって生きているので、生きづらいことでしょう。

 

これを克服するためには、まず、自分の考えをしっかりと持つこと、自分の考えを自分で理解することが大切。

自分の話ができない人の中には、自分の考えが自分で分かっていない場合があります。

 

どんな考え方でもそれはあなたの感じる考え方ですので、その考え方に自信を持つこと。

ひとつひとつの物事に対して、自分はどう感じるのかということを意識して、自分の価値観というものを持ちましょう。

 

その上で、人と会話をするときには、その場にいる人全員で会話を作っていくという意識を持つと、会話が弾みやすいです。

人の話を聞くだけでもなく、自分の話を聞いてもらうだけでもなく、お互いの価値観を知るために会話のキャッチボールをして会話を作っていくという意識。

 

自分の価値観を持った上で、この意識を持って会話をするようになると、会話が弾むようになるはずです。

会話は、場数を踏めば必ずリラックスしてできるものですので、まずは自分の価値観をしっかりと持つことから始めてみましょう。

 

参考:グループの会話に入る方法!集団になると話せない!会話のタイミングは?

 

まとめ

自分の話ができない人や自分の話をしない人は、自分に自信がなかったり他人の評価を気にしすぎていることが多いもの。

中には、自分の考え方や価値観を、しっかりと自分で分かっていないこともあります。

 

まずは、自分の価値観を自分で確立させて、自分の考えを自分の言葉で話せるようにすることが最重要。

会話をするときには、その場にいる全員で会話を作っていくという意識を持つと良いでしょう。

 

楽しい会話になるのも、つまらない会話になるのも、誰か一人が原因ではなく、その場にいる人全員の意識次第です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!