人に好かれる会話術

口下手がコンプレックス!口下手な人の特徴と原因!人との接し方は?

口下手とは、話すことが不得意で思ったことを相手に伝えることが苦手な人のこと。

会話がうまく進まないため、口下手な自分をコンプレックスに感じている人は多いでしょう。

 

話が上手で人と楽しく会話をしている人を見て、羨ましく思うこともあるかもしれません。

口下手を克服したいと思っている人もいますが、闇雲に克服しようと思っても、突然会話上手になることは難しいもの。

 

今回は、口下手をコンプレックスに感じている人が、人と接するときに気をつけることについてお話ししていきますので、じっくりと読んでみてください。

 

口下手な人の特徴

適当なことは喋れない真面目な性格

口下手な人は、いわゆるお世辞とか、大げさな話などの適当なことが喋れない真面目な性格。

小さい頃から人と会話をするという機会が少ない人も多く、話すこと自体に苦手意識を持っています。

 

適当なことが言えないので、軽口を叩いたりすることが苦手だったり、軽口を叩く人に対して嫌悪感を抱いたりもするもの。

性格なので、急激に変えることはできないですし、変える必要もないので、うまく付き合っていくことです。

 

人の目を気にしてしまう

口下手な人は会話をすることが苦手なため、コミュニケーションをスムーズにとることが不得意。

口下手な自分をコンプレックスだと感じ、人の目を気にして萎縮してしまうことがあります。

 

すると、余計にコミュニケーションをとることを避けるので、人と会話をすることがますます苦手になるという悪循環に陥ることも。

口下手が悪いわけではないのですが、コンプレックスだと感じると、人の目を気にしてしまうことになるでしょう。

 

参考:誰とでも仲良くなれる人は心理的に言葉と話し方に気をつけているもの

 

口下手になる原因

話すことが整理されていない

口下手になる時というのは、自分が話す内容が自分でうまく整理できていないため、話の着地点がうまく定まらないのです。

話の途中で自分が何について話しているのか分からなくなってしまうのも、話すことが整理されていないため。

 

ここで軌道修正ができれば良いのですが、口下手をコンプレックスに感じている人は、なかなか軌道修正ができません。

頭の中は、完全にパニック状態になっており、話すことが嫌になってしまうこともあります。

 

相手の反応を気にし過ぎる

会話をする時に相手の反応を気にし過ぎてしまう場合も、口下手になりやすいでしょう。

例えば、自分の話に対する相手の反応が悪いと、焦ってしまって何を話したら良いのか分からなくなってしまうということ。

 

会話をする時に相手のリアクションを気にすることは大切ですが、必要以上に気にしてしまうとうまく会話が進みません。

自分が相手に伝えたいことを、しっかりと伝わるように話すことが重要になります。

 

参考:相手の反応気にしすぎ!気にするのやめたら楽になる!いちいち反応しないコツ!

 

口下手がコンプレックスの人が気をつけるべき人との接し方

口下手を隠そうとしない

口下手がコンプレックスだと、人と会話をする時にそれを隠そうとしてしまいがちですが、口下手でも隠そうとしない方がコミュニケーションはうまくいきます。

口下手な自分を隠そうとすると、結局は等身大の自分で相手と接することができないというわけです。

 

つまり、人とコミュニケーションをとる時に、偽りの自分で接してしまっているということ。

これでは、人とコミュニケーションをとることに支障が出ますし、人付き合いが辛いものになってしまうでしょう。

 

口下手だから笑われるかもしれないとか、面白くないと思われたらどうしようとか、不安になる気持ちは分かります。

しかし、そんな自分も受け入れて、等身大の自分で人と接することを心がけると、自分に合う人が周りに集まってくるようになるのです。

 

口下手な自分を好きになる

今は、口下手をコンプレックスに感じていて、自分を嫌いだと思うことがあるのかもしれません。

それでも、そんな自分を受け入れて、口下手でもいいと自分を好きになってあげましょう。

 

口下手だってひとつの個性だと受け入れること。

口下手をバカにする人がいたら、そんな人は相手にしなければ良いのです。

 

口下手な自分が嫌いだとしたら、どうして嫌いなのかを考えてみて、どうしたら自分を好きになれるのかを考えてみること。

  • 「私って口下手でコンプレックスなんだよね。」と相手に伝えてみる
  • 自分の考えをまとめるために紙に書き出してみる
  • 会話がしやすい友達を探してたくさん会話をする

 

 

小さな目標を立てて、ひとつひとつ達成していくことで自分により自信がつき、いつの間にか口下手が気にならなくなるでしょう。

口下手な自分とうまく付き合っていくこともひとつの手です。

 

参考:会話が苦手!克服したい!口下手が原因?会話を続けるのが苦手な人の克服法!

まとめ

口下手をコンプレックスに感じている人は、人と会話をすることに苦手意識を持ってしまうもの。

自分に自信が持てないことも多いものですが、口下手な自分を受け入れて好きになると、もっと人間関係が広がります。

 

話し上手になりたい、人に自分の気持ちをしっかりと伝えたいと思うならば、紙に書き出して考えを整理することもおすすめ。

紙に書き出すことで客観視することができ、改善点が見つかるなど、新たな発見があるはずです。

 

コンプレックスともうまく付き合っていき、楽しい人生を送りましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!