人見知り克服

【人見知りを治したい人必見】人見知りの特徴と治った人の改善法!

現在人見知りで悩んでいて、人見知りな自分を治したいあなたへ。

人見知りを克服するためには、人とコミュニケーションを取るときの意識を変える必要があります。

 

というのも、人見知りの人にはある特徴があり、意識を変えることなく人と接することを増やしても、なかなか変わることはできません。

人見知りを治したいということは、もっと人とコミュニケーションを取って、人間関係を良くしたいということでしょう。

 

今回は、人見知りの特徴と、人見知りが治ったという改善法についてお話ししていきますので、じっくりと読んで実践してみてください。

 

人見知りの特徴

人見知りをする人は、人からどう思われるかということに意識が向いているもの。

自分がどうしたいかということよりも、自分の行動や発言によって他人がどう思うかということに意識が向いています。

 

つまり、人と接するときに、こんなことを言って変に思われないかとか、嫌われないだろうかということを心配しているということ。

他人がどう思うかということについては、本当のところは分からないものですよね。

 

あなた自身がコントロールできない他人の意見に振り回されて、あなたのコミュニケーションに支障を来しているというのはいかがなものでしょう?

あなたがどうにもできないものに振り回されて悩んでいるなんて、もったいないとは思いませんか?

 

参考:誰とでも話せる方法!誰とでも仲良くなれる人の心理を研究しよう!

 

人見知りを治したいあなたへ

人見知りが悪いわけじゃない

人見知りを治したいという人は、人見知りすることを悪いことだと思っているかもしれません。

しかし、人見知りとは、本来、人間が危険から身を守るために本能的に身につけているもの。

 

知らない人や知らないものは、自分に取って危険なものかもしれないという本能から現れるものなので、良い悪いというものではありません。

ただし、人見知りによって、仲良くなりたい人と仲良くなれなかったり、楽しい人生を送れないという場合は、克服した方が良いというもの。

 

人見知りだとしても、特定の人と楽しくコミュニケーションを取れていたり、やりたいことができているならば、特に問題はないのです。

 

なぜ人見知りを治したいのか

では、なぜ、あなたは人見知りを治したいと思っているのでしょうか?

人見知りしない人の方が、たくさんの人と関わることができて楽しそうだから?

 

人見知りだと、仕事の上でもうまくコミュニケーションが取れなくて不利だから?

様々な理由が考えられますが、大切なことは、人見知りを克服してどうしたいのかというゴールを明確にすること。

 

ただ漠然と、人見知りをしなければ人生もっとうまくいくはずだと思っていて人見知りを克服しても、何も変わらないでしょう。

なぜ、人見知りを克服したいのか、克服したらどうなるのか、どうしたいのかということをしっかりと思い描くことが大切です。

 

参考:人見知りは話しかけるのも話しかけられるのも苦手。どうやって仲良くなる?

 

人見知りが治った人の改善法

緊張するのは人間だから当たり前という意識を持つ

人見知りを治したいと思う一番の理由は、人と接するときに緊張してうまく話せないからということでしょう。

でも、良く考えてみてください。

 

誰だって、初対面の人と接するときや初めての経験をするときは、緊張するものではありませんか?

緊張してしまってうまく話せないとしても、人間だから当たり前。

 

うまく話せているように見える人は、会話に慣れているか、事前に準備をしているものです。

 

意識を変えて人と接する機会を増やす

人見知りをしない人は、他人からどう思われるかということよりも、自分がどうしたいかということに意識を向けて人と接しています。

自分が知りたいことがあるから、目上の人や偉い人にも物怖じせずに質問をしに行く。

 

自分が楽しく会話をしたいから、初対面の人とも会話をする。

人見知りを治したいならば、他人目線ではなく、自分目線で人とコミュニケーションを取るようにしてみましょう。

 

自分目線といっても、自分勝手に人と接すればいいということではないので、間違えないでくださいね。

相手に配慮はするけれども、相手にどう思われるかよりも、自分がどうしたいかということに意識を向けましょうということです。

 

この意識を持った上で、人とコミュニケーションを取る機会を増やして、場数を踏んで慣れていきましょう。

 

完璧を求めない

人見知りを克服したいのに克服できないと悩んでいる人は、完璧にできなければならないと完璧主義になっていることも多いもの。

人と会話をするならば楽しく会話をしなければならないとか、理想の自分でなければならないと、自分を縛り付けてしまっています。

 

人間は、規則に縛り付けられすぎると反発したくなってしまい、うまくいきません。

こうでなければならないという思考は一旦横に置いて、失敗しても大丈夫という意識を持つこと。

 

失敗しても死ぬわけではないですし、人見知りでも楽しく人生を送っている人もいます。

大切なことは、自分がどうしたいか、どうありたいかということ。

 

完璧を求めず、70点くらいできればいいかなと気楽に構えていると、100点満点が取れたりするものです。

参考:話しかけても会話が続かないと辛い!人見知りの悩み解消法!

 

まとめ

人見知りを治したいと思う理由は、人それぞれ。

人見知りは1つの個性ですので、人見知りというもの自体には、良いも悪いもありません。

 

人見知りであるがゆえに、人とうまくコミュニケーションを取れなくて悩んでいるならば、なぜ人見知りをするのか、なぜ人見知りを治したいのかを考えてみること。

人見知りを克服するには、他人目線ではなく自分目線で人と接することが重要。

 

完璧を求めすぎず、気楽に構えて、楽しい人生を送れるようにしていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村