人見知り克服

人見知りを治すには!人見知りの原因と改善法!場所を間違えるとひどくなる!

人見知りで悩んでいる人というのは、見た目にかかわらず意外と多いものです。

人見知りな自分はダメだなんて思わずに、人間として備わっている危険回避のための本能なのだと気づきましょう。

 

見ず知らずの人に対して警戒するのは、自分自身を守るための防衛反応。

とは言え、社会で生きていくためには、初対面でも人見知りせずに良い人間関係を築いていける方が、楽しい人生を送ることができます。

 

では、人見知りを治すには、どのようにすれば良いのでしょうか?

まずは、人見知りの原因と改善法について学び、今日から意識と行動を変えていくために、この記事をじっくりと読んでみてください。

 

人見知りの原因となっているのは?

自意識過剰な思い込み

人は、あなたが思っているよりも他人に対して関心を持っていないもの。

あなたが人見知りしてしまうのは、この認識が違うからであり、他人からどう見られるかということに意識が向いてしまっているからなのです。

 

自分がどうしたいのかとかどう感じているのかということよりも、他人が自分をどう見ているかということが気になっていませんか?

このような自意識過剰な状態が、特に初対面の場面でどのように振る舞えば良いのか分からなくなり、人見知りをする原因になっています。

 

自分というものを理解していない

あなたは、自分の本質というものを考えたことはありますか?

親から言われたことや周りから言われたことに対して必要以上に反応し、自分自身が感じている感情にフタをしている部分があるのではないでしょうか。

 

もちろん、良いこと悪いことの分別は必要なので、教育は必要なのですが、これをしてはいけないという教育によってやりたいことにフタをすることはやめましょう。

自分が望んでいること、やりたいことをやろうと行動している人は、人見知りをして自分を抑えることはないもの。

 

自分自身の気持ちにフタをして他人からの教育を優先することも、人見知りの原因になります。

参考:人見知りで会話が続かない!会話力がない人の初対面の会話のコツ!

 

人見知りを改善して治す方法

誤解してほしくないのは、人見知りをすることが悪いことではないということ。

冒頭でもお話ししたとおり、人見知りは人間に備わっている危険回避の本能でもあります。

 

子供が人見知りをするのは、知らない人について行って危険な状態にさらされないようにという本能。

しかし、人見知りをしてしまうことによって人間関係に支障が出るならば、改善していく必要があるでしょう。

 

なりたい自分を鮮明にイメージすること

まずは、他人の基準ではなく自分の感情を大切にするために、なりたい自分を鮮明にイメージしてみてください。

鮮明にイメージできないのではありませんか?

 

人見知りで人間関係に支障を来している場合、なりたい自分を鮮明にイメージできないことが多いもの。

何をしている時が楽しいのか、どのように行動すると自分が喜ぶのかということをイメージするところから始めてみましょう。

 

なりたい自分になるために今すべきことを明確にすること

なりたい自分をイメージすることができたら、そんな自分になるために今すべきことは何かを明確にすること。

人の役に立つ自分になりたいならば、今の立場や状況で何をすれば人の役に立つのかを考えます。

 

もっと人と関わりたいのであれば、積極的に人と会うことですし、作品作りをしたいのに時間がないならば時間を作るように生活を見直すことです。

なりたい自分が分からなければ今すべきことも分からないので、まずは方向性を決めてから今すべきことを明確にしましょう。

 

何もしないままでは改善できない

人間は誰だって、少し意識をするだけで、自分が何を欲しているのか本当はどうしたいのか、どうすれば良いのか気づくものです。

ただ、普段から人の目を気にして自分の感情にフタをしていると、難しくなるということ。

 

なので、なりたい自分を鮮明にイメージして今すべきことを明確にすることが重要なのです。

しかし、そのまま何も行動しないのであれば、何も改善することができません。

 

正しい方向に正しい方法で行動していくことが、人見知りを改善するために一番重要なことです。

参考:相手の反応気にしすぎ!気にするのやめたら楽になる!いちいち反応しないコツ!

 

人見知りを改善するための場所と時間を確保しよう

人見知りを治したいと感じているならば、まずは日常を見直して、改善するための正しい方向と正しい方法を確かめる必要があります。

なりたい自分を鮮明にイメージするためにも、なりたい自分であるために今すべきことを明確にするためにも、そのための時間を確保することから始めましょう。

 

いつも自分の感情にフタをしてしまう環境にいるのであれば、その環境を変えることも必要。

この記事を読んでいるということは、人見知りを治したいと思っているということですから、その思いを大切にして、すぐに行動に移してください。

 

参考:会話が怖い!人の反応が怖い!人の視線が気になる自分に自信がないあなたへ!

 

まとめ

人見知りするということは、人間が本来持っている危険回避のための防衛本能。

ただし、人見知りすることによって人間関係に支障を来しているのであれば、改善していく必要あり。

 

  • なりたい自分を鮮明にイメージする
  • なりたい自分になるために今すべきことを明確にする
  • 行動に移す

 

まずは時間を確保して、これらのことに取り組み、正しい方向に正しい方法でなりたい自分にどんどん近づいていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!