職場の会話術

口下手が誤解される原因とは?人見知りの口下手は仕事で不利?

人見知りの人は口下手だし、口下手の人は人見知りになりやすい傾向があります。

なぜなら、口下手だとコミュニケーションに支障が生じて誤解されやすいので、人との関わりを避けるようになるから。

 

口下手だとコミュニケーション障害の悪循環にはまってしまいやすいというわけですね。

しかし、口下手でもコミュニケーションをとることはできますし、口下手を改善することもできます。

 

また、人見知りで口下手だと、仕事をする上でかなり不利になるとも言われているもの。

今回は、口下手が誤解される原因と、口下手は仕事上不利になってしまうのかということ、口下手の改善方法についてお話ししていきます。

 

口下手が誤解される原因

会話のキャッチボールができない

口下手の人は、自分の思いをうまく言葉にすることができないため、会話をしていても会話のキャッチボールがなかなかできません。

話しかけられても、それに対する返事ができないことも多く、相手から誤解されやすいもの。

 

質問を投げかけられてそれに答えないとなると、質問をした人は「もしかして嫌われてる?」と誤解をすることがあるでしょう。

口下手だとしても、相槌を打ったりして、相手の話を聞いているという姿勢は見せたいところです。

 

ボキャブラリーが少なく話が伝わらない

口下手の人は、ボキャブラリーが少ないために、自分の思いをうまく伝えることができないことが多いもの。

思いがあっても適切な言葉が見つからず、言葉が詰まってしまったりすることもあります。

 

ボキャブラリーが少ないため、同じことを何度も繰り返し言ってしまうということも。

自分の思いを適切な言葉に置き換えることが苦手なために、自己開示することもできないので、誤解されやすいというわけです。

 

言葉の選択を間違える

口下手な人は、ボキャブラリーが少ないことも関係して、会話の途中で言葉を言い間違えてしまうこともしばしば。

少しの言い間違いならいざ知らず、何度も言葉の選択を間違えると、結局なんの話をしているのか分からなくなります。

 

口下手な人は、会話に苦手意識を持っていることもあり、会話中に言い間違えると余計に焦ってしまいがち。

その結果、相手に話の内容が伝わりづらく、誤解されやすいということになるのです。

 

会話のテンポについていけない

自分の思いをうまく言葉に置き換えることが苦手だったり、自分の思いを人に伝えることが苦手なため、会話のテンポについていけないことも。

もちろん、誰だっていつもテンポよくとはいきませんが、口下手の人は会話のテンポが遅いのです。

 

早いテンポに無理についていくことはないのですが、自分のペースが遅すぎると感じるなら、改善する必要はあるかもしれません。

少しずつでも、会話のキャッチボールができるように改善していきましょう。

 

参考:相手を楽しませる会話とは?会話が弾む人は楽しい会話のコツを知っている!

 

人見知りの口下手は仕事で不利か?

人見知りの口下手は、ここまでお話ししてきたとおり、本人の意思とは違ったように誤解されやすいものです。

言いたいことが正しく伝わらなかったりすると、仕事の面では支障が出てくるでしょう。

 

仕事の内容にもよりますが、ほとんど全ての仕事で人と関わるということがあるもの。

会話が通じないことで仕事に遅れが生じたり、間違ってしまったりします。

 

このような面から見ると、人見知りで口下手な人は仕事をする上で不利だと言えるでしょう。

しかし、たとえ誤解されたとしても、誤解されたと気づいた時点で誠実に対応すれば、評価が上がることがあることも事実。

 

口下手だからと誤解されたままにして卑屈になるのではなく、誠実に対応して誤解を解いていくことが仕事をする上では必要です。

参考:初対面だと自然な会話ができない!人見知りでも会話を楽しむ会話の仕方!

 

口下手は改善できる

会話の頻度を増やす

口下手の人は、圧倒的に会話をする機会が少ないことが挙げられます。

最初は会話しやすい人と会話をする機会を増やして、自分の会話のテンポをつかむことが重要。

 

いきなりたくさんの人と会話をすることはハードルが高いので、身近な人との会話を増やしてみましょう。

自分から話しかけることで会話に慣れ、口下手を克服できます。

 

自分の思いを紙に書き出す

ボキャブラリーが少なかったり、自分の思いを言葉にすることができない場合は、自分の思いを紙に書き出すことをおすすめ。

ボキャブラリーを増やすためには、読書をすることもおすすめです。

 

自分の手で思いを文字にして書くことで、視覚からも自分の思いを認識できるというもの。

一日の終わりに、その日にあった出来事をその時に自分が感じた感情と一緒に、日記にしたためてみましょう。

 

書き溜めたものを後から見返すことも、自分の感情の変化や成長を感じることができます。

すると、自分の思いがより明確になり、会話をする時にも言葉が出てきやすくなるので、誤解されることなく会話をすることができるようになります。

 

他人軸から自分軸へ移行する

口下手を改善するために最も大切なことは、口下手をコンプレックスに感じないことです。

口下手だから会話ができないなどネガティブに捉えていると、口下手を改善することはできません。

 

そもそも、口下手をコンプレックスに感じる人は、物事を他人軸で捉えているということ。

そのため、他人の意見に左右されやすかったり、相手に合わせてしまい、ますます自分の思いを伝えることができなくなります。

 

口下手でも楽しく生きている人はいますし、口下手を改善したいのであれば、ひとつずつ改善に向けて行動に移していくことです。

参考:人見知りを克服して仕事に生かす!職場でも人見知りしない方法とは?

 

まとめ

口下手が誤解されやすいのは、自分の思いを言葉にして相手に伝えることができないから。

人見知りの口下手は、仕事上でも不利だと言われるので、改善するために行動することも大切なこと。

 

誤解されているならば、誠実に対処することで評価がアップすることもあるもの。

口下手を改善するためには、読書をしてボキャブラリーを増やし、自分の思いを紙に書き出して視覚からも訴えること。

 

自分の思いが明確になれば、口下手を改善して楽しく会話ができること間違いなし。

口下手をコンプレックスと捉えずに、他人軸から自分軸に移行して、改善のために行動していくことが重要です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!