人に好かれる会話術

仲良くなるには話し方がうまいだけじゃダメ!楽しい話し方と声も意識しよう!

人と仲良くなるためには、話し方がうまくなる必要があると思っていませんか?

人と仲良くなるには、話し方がうまいだけではダメなのです。

 

技術で補えるところもあることはありますが、もっと大切な、心構えというか気持ちの部分があります。

「仲良くなりたい人がいて、話しかけたいけど嫌われたくない。」と悩んでいるならば、この記事を読んで意識を変えてみてください。

 

人と仲良くなる話し方

人と仲良くなりたいときに、会話をする上で意識すると良いことについて、5つ取り上げました。

ここを意識して会話をすると、必ず良い人間関係が築けます。

 

相手に共感する

あなたが話をした時に、相手がその話に対して共感してくれると、すごく嬉しくないですか?

自分がしてもらって嬉しいことは、相手にとっても嬉しいもの。

 

相手の話に、「私もそう思うよ。」「私もそう感じることがあるよ。」と共感の言葉を返すと話が盛り上がり、お互いの距離もグッと縮まります。

言葉に出さなくても、相槌を打ったり、うなずくだけでも共感の感情を表せます。

 

相手の話に共感ポイントがあったら、すぐに、「そうだよね。」と返してあげてください。

 

相手を受け入れる

もしも、相手の話があなたにとって共感できない内容だったとしたら、あなたはどうしますか?

その人と仲良くなりたいのならば、いきなり否定は厳禁です。

 

少し意見が違うなと感じる内容でも、「なるほど、そういう考えもあるのね。」というように一旦受け入れること。

その後で、あなたの意見を述べるようにすることは自由です。

 

無理に共感する必要はなく、共感できない内容でも一旦受け入れるということが、仲良くなるための重要ポイントになります。

参考:口下手は練習しても治らない?コミュ障はどうすれば克服できる?

 

相手の話を真剣に聴く

自分の話を真剣に聴いてくれない人とは、誰も仲良くなりたいとは思いません。

仲良くなりたいのならば、やはり、話には真剣に耳を傾けましょう。

 

真剣に聴いていなければ、相槌なども見当違いなところで打ってしまいかねないですし、そもそも会話にならないもの。

仲良くなるには話し方よりも、話を聴く姿勢が大切です。

 

相手に質問をして自分も答える

仲良くなりたい人のことは、いろいろと知りたいものですよね。

たくさん質問をすることで相手のことを知ることができるので、たくさん聞きましょう。

 

そして、質問をしたら、その質問に対するあなたの答えも話すことと、相手が質問を返してきた時には、必ずあなたも答えることを徹底すること。

 

これを徹底しないであなたばかり質問をしていると、相手は詰問されているように感じてしまうので、あなたも答えることは必須です。

 

他の人が気づかないところを指摘する

会話の中で、相手を褒めることも、仲良くなりやすいので大切なこと。

第一印象でどのような点が魅力的だと思ったのか、言葉にして伝えると相手は喜びます。

 

ある程度、お互いを知る関係になったら、他の人が気づかないような点を褒めてあげると、意外性から距離が一気に縮まるでしょう。

例えば、容姿が良い人に「可愛い」「綺麗」と言って褒めても、今までたくさんの人から言われてきているので響かない。

 

そのような人に「声が素敵だよね。」とか「その表情、グッとくるよね。」などと言うと、言われ慣れていないので印象に残ります。

人は褒められるだけでも、嬉しいものです。

 

ですが、他の人が指摘しないことをあなたが褒めることで、相手の心を動かすことになり、印象的で距離が一気に縮まるでしょう。

参考:友達の作り方!声のかけ方!話しかけ方!話題を作って話しかける勇気を!

 

人に好かれる話し方

人と仲良くなる話し方を意識することと同時に、人に好かれるためには声と雰囲気も大切です。

人それぞれ個性があるので、あなたの魅力を出していけるように、あなたなりの声と雰囲気を磨いていきましょう。

 

聞き取りやすい声

聞き取りやすい声の人との会話って、心地よいんですよね。

一方で、何を言っているのか不鮮明な話し方だったり、声が小さくて聞き取れないと、あまり会話を続けたいと思いません。

 

会話をする上で、声というのは話の内容と同じくらい重要な要素。

声の大きさも重要で、あまり大きすぎるとうるさくて嫌ですし、小さすぎても聞こえず困ってしまいますね。

 

アナウンサーのような滑舌は必要ありませんが、相手にとって聞き取りやすい話し方をすると好かれます。

言葉が不鮮明な人は、口の周りの筋肉が衰えているかもしれないので、鍛えると改善されるでしょう。

 

食事の時によく噛むように意識することと、表情筋の体操がおすすめ。

声を磨くことで魅力が増し、人に好かれる話し方になること間違いなしです。

 

楽しい話し方と表情

人に好かれる話し方をしている人というのは、楽しい話し方をしていてよく笑いますし、表情がとても豊か。

先ほどの声のトーンも関係しますが、楽しい話し方をされると、一緒にいるこちらまで楽しくなったりテンションが上がったり笑顔になれたりします。

 

また、嬉しい話には満面の笑みを、悲しい話には悲しい表情を、腹が立っている時には怒りの表情をする人も好感が持てるものです。

心を込めた会話をしていれば、自然と表情は出るものですが、表情筋が衰えていると無表情になりがち。

 

とすると、人に好かれる話し方をするためには、表情筋が大切になってくるということでしょうか?

参考:誰とでも話せるようになりたいならば仲良くなる方法を心理学で学べ!

 

まとめ

人と仲良くなるには、話し方や話す内容よりも話す姿勢が大切。

  • 相手に共感する
  • 相手を受け入れる
  • 相手の話を真剣に聴く
  • 相手に質問をして自分も答える
  • 他の人が気づかないところを指摘する

 

この5つを意識すると、人間関係がかなり良くなるでしょう。

 

これに加えて、声や表情を磨いていくと、仲良くなりたい人と仲良くなれるようになります。

表情筋は、他の筋肉と同じく鍛えなければ衰えてしまうので、普段からよく笑うなど感情表現をして鍛えましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらをクリックお願いします⬇️⬇️⬇️


コミュニケーション・会話ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

会話に自信がないあなたにおすすめ!

会話が続かない!楽しく会話をしたい!人間関係を良くしたい!

そんなあなたはこちらをクリック!

【現状打破】会話を楽しむようになるための90日!人に好かれる会話術!